ツインテ好きな管理人が思うがままに書き綴るようなよくあるブログ
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:29:07
あい、さくです。

マビ小説第二段っす。
今回はマビ用語をできるだけ使わず、ファンタジー路線で行ってみました。
相変わらずしょっぱい文章力なゆえ、展開がわけわかめなこともあるかもしれませんが
暖かい目で見てもらえるうれしいかなです。
予想以上に長くなったので前編後編に分けることにしました。
というわけで前編をどうぞ。

------------------
-------------
------

目の前に太陽が広がっていた
いや、広がっているとかいうレベルではない
すぐそこに、今自分を包もうとするばかりに太陽があったのだ
しかし
「熱く、無い・・・?」
そう、もし目の前に太陽が存在するならば、本来感じないとおかしいであろう焼けつくような熱さがなかった。
むしろその逆で、包み込むような暖かさが広がってゆく
「熱すぎて、体が麻痺してるのかな・・・」
もしそうならば自分は限りなく死期が近いことになるのだが、幸いまだ意識はあるらしい
苦しまずに死ねるのならば幸運な部類に入りそうだが、そもそも何故死にそうなのか全く記憶にない
そんな事を考えて頭を悩ませている間にも光は体を全体に広がっていき
やがて・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


ドアがあった。
いきなりなんだと突っ込まれるかもしれないが、確かにドアがある。
昨日この部屋に来た時は、ここにこんなもんなかったはずだ。
そして今俺はそのドアに手を掛けて先に進む事を決意している。
たとえそれがどんな結末、もとい感動的なクライマックスを迎えることになろうとも
ここで歩みを止められる者がいるだろうか。
まあ、そんな馬鹿な妄想というか一人演説?はこれぐらいにして、ドアを開けようとおもう。
念のため説明しておくが、決して怖いから演説していたわけではない。違うからな!
ドアノブに手を掛けて回す、ガチャっと定番の音がする。お、普通に開く。
そして扉の向こう側には・・・なんということでしょう!また同じ構造の扉があるではありませんか!
作りや取っ手の位置も変えない辺りに匠のこだわりを感じます。
また扉を開けます。扉があります。開けます。あります。開けます・・・・・・・・・


「・・・・・・無限ループじゃねえかああああああああああああああ!!!」
15ループぐらいしたところで溜まっていた突っ込みエネルギーを全開放した。
我ながらよく我慢したと思う。
「なに~?朝から五月蝿いなぁ・・・」
後ろから声を掛けられたので振り返る。
あれ?風景が違うぞ?どんなまじっく?
そう、振り返った先には本来宿屋の扉を開けたら繋がるであろう個室の風景と
眠そうな目をごしごしとこすっている猫・・・いや、忍猫・・・クロがいた。
「クロちゃんまた宿屋にトラップ仕掛けたでしょ・・・いじっちゃだめだっていってるのに」
諭すように俺・・・もといセトシアは声を掛ける。
「私としてはこれでも譲歩した方だよ。仕掛けがない家で寝るなんて無理だもん」
ドロボウ猫、いや違った忍猫が眠そうな顔で言い放つ。いつものやりとりである。
そう、いつもこの猫は泊まる宿屋の部屋を改造するのである。
そして何故か俺が部屋に来訪して引っかかるまでは意地でも起きやがらない。
前1日放置していたら本当に一歩も部屋から出なかった。延滞料金をすこぶる取られた。
そしてこれまたいつも通りため息をつこうとしたところで、この猫は謎の怪電波を受信したようで
「それに、セトシアさんが引っかかってくれるの見るの、面白い」
とか、笑顔で言ってきやがっていた。
ちょっと困っている自分に驚きながらも、どこか冷めて行く自分もいて
結局出てきた言葉は短く、でも的確に今の心情を表現できる一言
「あっそ」
だった。

宿代の支払いを済ませ外へ出る。
さすがどちらかと言うと観光都市で名を売っているイメンマハ。ベッドの綿だけでなく料金も特盛だった。
寂しくなったサイフを懐へしまっていると、どこぞの猫が空を見上げていた。
まだ知り合って日は浅いが、この猫は暇さえあれば空を見上げている。
丸一日統計を取った結果、26回見上げていた。相当である。
しかもこのモードに入ると、明らかに邪魔したら天罰が下りますよな雰囲気になるので
なお更に扱いに困ってしまっていた。
「また空見てるの?」
いつもなら飽きるまで放置しているのだが、今日は変な空気を断ち切る的な意味で声を掛けてみた。
「空じゃない、太陽みてる」
さあ、また困ってしまったぞセトシアさん。がんばれセトシアさん。
なんだ太陽って空の一部に入るんじゃないのか、いや俺の聞き方が悪かったのか
「太陽みて大丈夫?まぶしくない?」
我ながら会心の返しだと思う。怒らせる的な意味ではなくて。
「直接みるとまぶしいから、ぎりぎりのとこみてる」
そりゃそうですよね。と妙に納得してしまった。いや、忍術とやらを使って見てます
とかいわれても同じ返しになりそうだが。
結局その後の会話もなく、いつも通りにこの猫が飽きるまでずっと空を見続けたのだった。
今日も、いい天気だ。

―イメンマハのダンジョンに自分の大切なものを投げ入れると
自分の"過去"をみれるんだって。
うちのギルドマスターからそんな話を聞いた。思い出したように適当に切り出された。
これが俺らにとって地面がひっくり返るような重要な情報だったりするのだが
本人は自覚もなくのほほんとチョコレートを頬張っていた。ふとれ。
この猫には、記憶がなかった。
ある日気付いたら、そこに立っていたというのだ。
その日はひどい雷雨というやつで、物好き意外は皆家の中で避難しているという状況だった。
そんな中俺は、悪天候でなければお目に掛かれないというレア度の高い石造を捜し求めて一人外に出ていた。
誰かがスケッチしたものをみせてもらえばいいそうだが、やはり自分の目で見たいという感情があったからの
行動である。まぁつまり物好きだったわけだが。
その猫は、その物好きのナナメ上を行く物好きだったようで
雷に打たれそうな平原の中を、ずぶぬれになりながらじっと空を見上げていたのだ。
やはりそこにも邪魔すんなフィールドが展開していて、ちょっかいを出していいのかわからなかったのだが
そのときの俺には、儚げな、たとえるならばダンボールに何日も放置されてしまい
弱りきっている猫のような、そんな感じがした。
そして気付いたら猫の手を引いていて
気付いたら行動を共にするようになっていた。

-------------
---------
----

あい、とりあえず前編おわりです。
我ながら中途半端なとこで区切ってるなぁ・・・。
相変わらずキャラ作成のために人格を180度方向転換して再構築したような感じになってます。
マジスミマセン。
後編も出来次第うpしてきます。

よし、ファンタシースターポータブル2やってくるwwwww

スポンサーサイト

08:52:25
さくです。

※はじめにの注意
 今回はマビ身内ネタ成分濃い目でお送りいたします。

前ギルチャで話題になった鬼さんの「パンツ覗き」をメインテーマとした小説を書こうと
冗談交じりに発言してたと思いますが

夜勤中あまりにも暇だったため構想練ってショートストーリーっぽいのかいてみました。
ちゃっちい文章+(゚Д゚)ハァ?おもしろくねぇよ的な感想を抱くかもしれませんが
どうぞ寛容な心を持って接してくださると助かります。

ではどうぞ。



________________
___________
__

彩鬼は悩んでいた。
そもそも、それを行うことによって何故非難を受けるのかがいまだに理解できないのだ。
彩鬼はその昔、とある人物から口癖のようにこう説かれていた。
”布とは、めくるために存在している” と。
当時幼かったのも幸いしたのか、何の違和感もなくその文句を受け入れていた。
むしろ、世のことわりである、とさえいわんばかりに堂々とめくってきた。

だから今この時も、彼にとっては不本意極まりない状況なのである。

「待ちなさいって言ってるのになんで待たないのー!!」
彩鬼にとって、とても聞きなれた声が街中に響いた。
「待つと殺られるからです!!」 と、心の中で反論しておく。
前うっかり口にしてしまった時は更なる怒りを買ってしまい、後のことはもう思い出したくもなかった。
逃げながらちらちらと声のする方向を確認してみる。
するとそこにはやはり、見慣れた小柄なエルフの姿があった。
このエルフ、実は嫁でレリーフィアという名前だったりするわけなのだが
さっきから命中しないのが悔しいのか、目じりに涙を溜めながらも弓を振り絞っていた。
いつもならここであり難いマグナムショットを一撃頂き自分が星になればすむ話なのだが
今日はそれで済ますわけにはいかない、とある”理由”があった。
「そのために数日間色々準備してきたんだ・・・!ここで当たるわけには!」
そう、この計画を実行するために、マグナムを回避するためのスキルを学び
前日にはスカートをめくられて青スジを立てながらスマッシュを放つベルディエル
(以後ベルスマとしておく)のあり難いお姿を拝見しなくてはならなかった。黒だった。

ただ、当日になってお約束というか、誤算が発生したのである。

噂とは早いもので、どこからか聞きつけたのか空気の読めないギルドメンバーが
「ベルさんがですねぇ。ま~ためくられてましたよー」
とレリーフィアに告げ口してしまったのだ。
そんなことを知るはずも無い彩鬼が意気揚々とログインをしてみると
擬音にもならないような音を立てながらマイ・嫁がそこに立っていて、後はこの有様であった。
「まだ決行の時間には早いな・・・とにかくどこかに隠れないと」
また余談ではあるがこの男、昔から隠れてやり過ごしてばかりいるためその手の場所は熟知していた。
ただ最近はレリーフィアにダウジングロッド並に行く先々を発見され減少の一途をたどっているが。

今回隠れたのはまだ発見されていない、彼のとっておきとも言える場所だった。
レリーフィアが追ってきていない事を確認すると壁に寄りかかり「ふぅ・・・」と一息付く。
次に時計を見てみると、後小一時間も経過すれば予定時刻となるようだった。
「結構、逃げ回ったもんな・・・」
彼女は今どうしてるだろうか、足を挫いて泣いたりしていないだろうかという不安が脳裏をよぎる。
いっそ中止してしまおうかと思い立つが、その後のことを考えると引くに引けなかった。
そんな簡単に自分の命を散らすつもりはない。
「・・・あれ?誰かいます?」
不意に、周囲に声が響いた。
彩鬼は反射的に身構えるが、声の主を確認するとほっと胸をなでおろす。
「なんだ、tyokoさんか・・・」
「師匠、いたんですね」
このtyokoという人物、境遇が彩鬼と似ており、共有する時間も多いせいか
いつの頃からか彩鬼の事を師匠と呼ぶようになっていた。
多分”効率的な布の捲り方”を伝授した辺りだったはずだが、何故そうなったのかよくわからない。
「師匠はなんでここに?」
「ちょっと嫁から逃げててね」
「なんだ、同じですね」
そう言うとtyokoは彩鬼の隣に寄りかかった。
「もしかして、師匠も”アレ”を見せるために?」
「俺は、今日のイベントに関係してるけど」
アレというのがわからないので、あえて濁した言い方をしてみる。
「じゃあ、やっぱりそうですね」
しかし、tyokoは彩鬼の発言で全てを察したようだった。
そしてニコッという擬音が似合いそうな笑顔を浮かべると
「じゃあ、一緒にやりましょうか」
という、事態がややこしくなりそうな提案をしてくるのだった。


「ま、待ちなさいって何回も言ってるのに・・・!」
もう、弓を放つ気力もなくなりながら私は叫んでいた。
今日の彼の、旦那の行動はどうにもおかしかった。
いや、昨日から、かもしれない。
クロちゃんから聞いた話だと、ベルちゃんのスカートを捲るまではいつもどおりだったのだが
どうにも手つきがぎこちなかったというのだ。
次のベルスマを貰う瞬間にはいつもの表情に戻っていたらしいのだが・・・
その時はまだ、改心し始めたのかなと思う程度だった。

しかし今日、いつものように一発マグナムを撃ってやろうと弓を構えた瞬間、彼は逃げたのだ
いつもなら涙目になりながらも耐えてくれるのに。
その後も彼は私の放つ弓を全て避けて、行方をくらませてしまった。
私の事、嫌いになったのかな。
そんな考えが頭をめぐってばかりいた。

それは、隣にいるメルシリアちゃんも同じのようだった。
tyokoさんのお嫁さんであるこの子は、普段から無表情ではあるけれど
やはり不安そうな顔つきをしていた。

だから正直、彼と、tyokoさんの姿を発見したときはほっとしていたのだ。
その直後、街の外へ向かって走り始めたのはすごく想定外だったけれど。
それからずっと追いかけっこをして、日も暮れて、山の山頂付近まできてしまっていた。
ここまでくるまでに全力で走っていたいたためか、一歩一歩足を踏み出すのもつらかった。
それでも彼の言葉が聞きたくて、ただ足を動かしていた。
途中、二人が振り向いて
「もう少しだから!がんばろう!」 とか
とても悲しそうな顔をしながら言うのも聞かなかったことにして。

そして急に視界が開けた場所に来たとおもったら
”それ”はあった。

その開けた場所は、夜空しかなかったけれど、普段の夜空には無い光景があった。
溢れんばかりの光が、街へ降り注いで行くのが見えた。
よくみるとそれは、カボチャの形をしていて、カボチャが振ってくるというイベントが有る事を思い出していた。
とっても、見とれるように綺麗な光景で。
とっても、長い時間光に包まれているようだった。

やがてその流星群ともつかない、カボチャ流星群が一段落したところで
彼が、私の方を振り向いて
「ごめんね。ハッピーハロウィン」
とか言うから。
「・・・お菓子あげなきゃ許してあげない」
って、返してあげることにして

気付けば、二人で微笑みあっていた。




おわり

___________
_____
_

あい、あとがきです。
如何でしたでしょうか?なんというか、純愛物の定番みたいなかんじでいってみました。
改めて見直してみるとめっさたくさんの人たち出演させちゃってますね(;´・ω・)
性格もかなり改変してるきがするし・・・あうあうあー。
不都合があればなんなりといってください。対応しますんで。
では。ここまで読んで頂きほんとにありがとうございました。
ノシ




04:48:47
さくです。ごきげんよう。

日記の更新はさぼってたけど絵とマビはさぼってないぜ!
どうせ・・・誰もみてないもんなil||li _| ̄|○ il||li

まあ、だからこそ色々なことができるんだけどな'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、
シャナ髪実装ついでにエレゴシ染め直した
aka1.jpg
この1週間はずっとこれ着てるかも(n‘∀‘)η

運営はやれば出来る子です。
だから・・・だから・・・・シャナ髪クォリティでツインテをおおおおおお!!

座ると床に刺さるのはしょうがないけど、もうちょっと細かくしてほしいな(´・ω・)

けんしょ2
血迷って投稿したファンアート

新規キャンバffス
そして塗り途中の自キャラ絵

俺の絵は成長してるのかなぁ・・・してないんだろうなぁ(´・ω・)
書き方をもっと勉強して、書いて書いて書きまくれば、もうちょっと上手くなれるかな。
がんばろ。

MMLも最近触り始めました。むずかしいね(。-`ω´-)ンー
3MLで上手くいってもマビじゃ全然違う演奏になっちゃったりとか
色々あるみたいです。こっちもがんばろ(;´・ω・)

22:38:52
的な発言をしてそうなポーズを書いた。
新規キャンバスiii

あ、さくですこんばんわ。

PC変えてからsaiの試用期間使ってたんですが
とうとう30日を迎えて使えなくなりそう
ピンチだね(´Д`;)
ビットキャッシュで買えるんだっけかなー
5000円は痛いよう・・・今月ただでさえ飲み会で貯金が(ry

まびねた
転生して髪型変えたっす
かみがた1
転生前に精錬2→1にして
転生後にレンジ3→1にしますた
絶賛DEX上昇中!
実用的なレベルになるのはいつのことやら・・・

2008/12/24
05:55:23
さくです。

今日はエラサRPクエやりました。火曜日だったんで。

無題55
↑イケメン二人組みが体力を減らしあいながら必死に絡み合う図

道中に変なポットっぽいやつもいたなぁ。

自己紹介用に書いたやつのでっかい版はっときますね
自己紹介用?

もうちょっと時間掛けずに書けるようになりたいなぁ・・・
ペン入れ修正してると2時間とか経過してるorz


ディシディアFFやり始めました。
とりあえずジタンをレベル100にして全クリ。
最強のCPUだと超反応でガードして反確食らうので
どうしても受けにならないといけないんですが、ガードはずしてる俺涙目www

全スキル避けて当ててってやるぜ!!

まあ、無謀な試みでしょうけどね(´・ω・`)

FEZクロック
ぷよぷよ
みっくみく
他サイトプロフ
pixivプロフィール
ToMiCoプロフィール
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。